おまえのにっきだよ

27歳、メンヘラ日記

ぶでぺんとぶでぺんのうすいの。

自分の時間をいきなり人に、無理やりに奪われると、それまであった集中力がブツリとひきちぎられて、その連絡と電話と着信音が昼夜、朝時間なんてものは関係なく向こうの都合で着信音が鳴り響き、限界だった。当分やめてください、それでも何かあった時はLINEしてからお願いします。と伝えたら、三本の指で数えられる程度の日数でLINEが届き、その次は、ただただ自分が話したいことを聞いてくれとLINEが届き、ああ、無理だと、バツンと何かが切れた。

 

思春期真っ盛りの自分の話ばかり聴いてほしい中高生女子のような、そんな会話といえるのかどうかわからない一方的な話、電話を切るタイミングも分からず、何故か向こうは自由に歯を磨きだしたり、向こうが布団に入り寝るまでの間、ずっとわたしは動けず返事をしてばかりでした。何度か言うまでは、夜中だろうが早朝だろうが昼間だろうが、向こうの生活の中でかけたいときに多い時は一日10件以上着信があり、それが毎日約一ヶ月ほど続きました。ちなみに、わたしから連絡したことはありません。憂鬱でしたし、人と話したい気持ちになれなかったから。あと、LINE通話はいいのですが、電話は嫌な過去を思い出して引きずり出されて、不安定になるのでとても苦手です。

1人の時間を、1人で過ごしてはいけないのかと、わたしはいつも合わせないといけないのかと、夢の中ですら着信音が鳴っていました。着信アリかよ。

なぜそんなに電話をかけてくるのかと聞いたら、荒れているからと。わたしは毎日四六時中荒れているのでしょうか?寝ている時間も荒れてる、と。心配と言いながら優しさだと思っている何かよく分からない塊を押し付けられ、お前は感謝しろと言っているようなやり取りを見て、そんなやりとりの数日後聞いてほしい近況があるからとLINEがきたときは、わたしは24時間態勢のカウンセラーではない。と、プツリときてしまいました。ついったーでつぶやくたびに連絡が来るのが怖かった。好きにつぶやけなかった。躁の影響なんですか?その距離の詰め方は。息苦しくなって、もういなくなってしまったことにしてしまった。仲良くなった人を嫌いになるのは、自分へのダメージが大きいので、いつもいなくなってしまった人にしてしまう。1・2・3 ポカン、と。悪い部分は全て無かったことに、絵の具でなくペンキで上塗りするように。

 

長くなりすみません、自分の中ではおさまったんです。文章にしたら長かったですね。

鬱から抜け出したい。

だから今きてるデカイ台風、ふぁっ!と消えないかなあ、と思ってます。みんなの気圧を安定させてよ!!帰れ台風、それろ台風。

 

うーん!

今日も夏らしくあっついですね!